So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

トワイライトインペリウム:レックス [ボードゲーム(た行)]

3版まで出ている、トワイライトインペリウム。その中心舞台となるメルカトルレックスを巡る攻防を題材にしたスピンオフ作品。
とはいえ、実際のところは過去に発売されていたボードゲーム、デューン(同名小説のボードゲーム)を元にしたリメイク。
6種族の中から1つを選び、初期兵力、初期資源、初期配置を持ってスタート。ゲーム自体は難しいものではなく、まず、カードの競り。カードは戦闘になったときに使えたり、他のタイミングで使えたりと様々。その後、移動と配置を行い、もし同じ場所に他の群がいれば戦闘解決。
戦闘は、その地域で参加させるユニット数を攻撃側、防御側が秘密裏に決め、またカードを使うかもこの時に決定します。一斉に公開し、まずカードの効果を解決。その後戦力を比較します。カード効果によってはリーダーがいなくなることがあります。リーダーがいない場合、敗走してしまうため、注意が必要です。また、勝てたとしても、ダイヤルセットした数値分はユニットを消費しなくなってしまうため、多くのユニットを注ぎ込むのも、次の戦闘が発生した時には防衛が難しくなります。
全てのエリアで種族が1つのみになったら戦闘終了。
この次はソル艦隊が惑星表面の敵部隊に対し、爆撃をかけてきます。
爆撃が終われば、収入が入ります。
これを繰り返し、誰かが要塞を3つ確保するか、規定ラウンドを終えるかで勝敗が決まります。

シミュレーションゲームよりな内容で、他のプレイヤーとの直接打撃がメインになるので、好き嫌いが出るかと思いますが、同盟を組んで勝利する、という方法もあり、うまく自分に有利にする手腕も求められます。ちょっと時間はかかりますが、面白いゲームです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0