So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブラフ [ボードゲーム(は行)]

『ブラフ』
作者:Richard Borg
メーカー:ラベンズバーガー
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分
キーワード:ボード、ダイス、カップ、推理、はったり

ダイスを使った推測とはったりのゲーム。
各プレイヤーは5つのダイスとカップを受け取りスタート。
全員一斉にダイスを振り、出目の内容を確認。
スタートプレイヤーは全員の出目のうち1種の目がいくつ出ているかを推測し宣言します。
以降時計回りに
①出目をそのまま、数を増やす
②出目を変更(このときは目を大きくしか出来ない)する。
③自分のカップから目を1つ以上公開し目の数を増やし振りなおす
④前のプレイヤーの宣言にブラフと言う
を選択する。
ボードには出目の数を宣言するボードがあるので確率計算も出来便利。
さて、ここで通常のダイスと違い色を添えるのは☆の目。これはオールマイティーの目で、☆の目であり他のどの目にもなるというもの。ゆえに☆が出ている場合、常にどの目を宣言しても1つとして数えることが出来ます。これが曲者で、話をややこしいものにする肝。

ゲームではこの出目に対しブラフと宣言する4つ目の選択が面白い。
宣言することにより、全員が出目を公開し、宣言が達成されているかどうかを確かめます。
宣言どおりであればブラフを宣言した人が差分のダイスを手持ちから失い、逆であればブラフを宣言されたプレイヤーが差分のダイスを失います。また、ピタリであればゲームは宣言されたプレイヤー以外が全員ダイスを1つ失います。
こうして最後までダイスを持っていた人が勝利。

評価(5段階):☆☆☆☆
性格が出てくるゲームで、安全に行く人、嘘八百の人、ダイス目が常におかしい人(笑)、色々です。
いかに相手の裏をかくか?というのがこのゲームの真髄。
手軽に始められ、かつ短時間で終わるのでゲーム会では定番といっても良い良いゲームです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0