So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パリスコネクションについて [ゲーム戦略]

パリスコネクションについて考えてみた。
ルールを読んだ時、初めこれでゲームになるのか?というのが第一印象だったから。
先日遊んでみた時、やはりそう感じた人がいて、自分の勝ち目が薄くなったらどうすべきか?ということで議論になった。
果たして、このゲームにおいて勝ち目が薄いというのはどういう時か?
①持ち株が少ない:このゲームにおいて正しく得点となる持ち株の上限があり、それを越えると1枚あたりマイナス20という厳しいペナルティーがある。なので、基本的にはこの上限を超えて株を持つことはあるまい。で、問題。このゲーム、マップに置ける駒と株は同じものである。盤面に1つ駒を配置すれば株としては1枚減る。なので、得点が高くなっている株は必然的に取られ参加者が持ち持ちになる。しかも、株は取ってしまったら減らすことは出来ず、増やしたくなければ1対1の交換になってしまう。株を価値の高いものに交換しているだけではいずれ頭打ちになってしまうのだ。
②価値の高い株を持っていない:株の価値はいかに価値の高い都市につなぐかだ。効率的に都市を結べばおのずと価値は高まる。が、上げすぎは禁物。先にも挙げたが、価値の高い株は持ち持ちになってしまい、結局プレイヤー間の差は付きにくい。狙うはみんなの持ち株が上限になった時に一気に価値を上げること。これが出来れば他人を出し抜くことが出来るだろう。

遊ぶ上で、他人の持ち株のある程度の記憶は必要だ。初期持ち株はわからずとも、捨てられる株、取られる株を覚えていけば、他人がどういう状況に持ち込みたいのか推測できる。
自分が株を持っていない会社なら、無駄に駒を盤面に配置する、という嫌がらせもある(自分の価値は上がらないが)。特に、終了フラグであるマルセイユへ伸びている会社は要注意。自分が勝っているなら、最上はさらにその株を持っているなら、そのまま着けてしまえばいいが、そうでないなら盤面に無駄に配置して届けなくしてしまうのも1つの方法だ(これまた自分の価値は上がらないのでなるべく避けたいが)。
あと、盤面に配置する駒は1~5個配置できるが、あまり考えないとつい5個配置したくなるが、それが正解とは限らない。駒を配置すればその株の価値は上がる(都市につなげば)が、その手番では株は取れないから。1手番で取れる株は最大で2枚。なれば残りのコマの数を計算し、自分の手番でも取れるよう上手く調整しなければならない。何も他人のために価値を上げてあげる必要はないのだ。

こうして、周りを見ながら、流れを見ながら遊ぶと、初見のゲームになるのか?というのは浅はかな考えだったな、と反省。ゲームには参加者の思惑があり、運もある。パリスコネクションには、シンプルで短時間で遊べるゲームでありながら、深く考えれば非常に奥深い世界が待っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0