So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キングオブトーキョー [ボードゲーム(か行)]

『キングオブトーキョー』
作者:リチャード・ガーフィールド
メーカー:iello/ホビージャパン
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分
キーワード:ボード、ダイス、モンスター、役、得点、ライフ、カード、エネルギー

モンスターとなってトーキョーで大暴れ。
東宝特撮映画を彷彿とさせる設定で、こういったシチュエーション好きにはいいかも。
プレイは簡単。
ボードを広げ(あ、これ広げるタイプじゃなかった)、各プレイヤーは担当するモンスターを決め、フィギュア(といってもポップのようなもの)とカウンター(ライフ、勝利点を記録)を受け取る。
その後はスタートプレイヤーから順にダイスを3回まで振りなおし、役を作って効果を適用する。
さて、ダイスには1、2、3、ハート、エネルギー、攻撃の面があり、6個振る。
1~3の目は同じ目3個でその数字分の勝利点が入る。
他の面は出目の数分、ハートならライフ回復(ボードに配置中は回復できない)、エネルギーならエネルギーキューブ(特殊能力カードの購入資金)を、攻撃は他のエリアにいるモンスターに攻撃(ライフを減らす)する。
ボード上にモンスターがいない場合は最初の攻撃面を適用したモンスターがボードに配置され、1勝利点を得る。いる場合はそのモンスターにダメージを与え、そのモンスターが撤退したなら代わりに攻撃モンスターがボードに配置される(1勝利点)。
こうして、誰かが20勝利点を獲得するか、モンスターが1頭になるかで決着が付く。

マジックの生みの親、リチャード・ガーフィールドの最新作。マジックとは打って変わったゲームだけれど、だれることなくこのあたりで決着が付くかな?というところでちゃんと終わるので、ついもう一回と言ってしまう魅力がある。

評価(5段階):☆☆☆☆
1度遊んですぐにもう一回といえるいいゲーム。ダイスゲームで、個人を攻撃できるゲームではない(攻撃というアクションは他のエリアにいる全てのモンスターに影響する)ので、後腐れない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0