So-net無料ブログ作成
検索選択

最近思うこと [雑感]

最近ボードゲームをしていて思うことに、
『ゲームの上手い人』になりたい、というのがある。
ここでいう『上手い人』、というのは、『強い人』ではない。
ゲームを遊ぶのが『上手な人』もしくは、楽しむのが『上手い人』という意味だ。
自分の性格上、集中して一つのゲームを遊んで突き詰めるようなことはできないので、必然的に『強い人』にはなれるとは思わない。でも『上手い人』には気持ちの持ち方、考え方を変えていくだけでなることはできる。
ボードゲームは競技ではないと自分は思っているので(あくまで遊び、趣味に関するもの)、勝ち負けはあれど、まず楽しみたい、と思う。劣勢になっていても、その中で上を目指す、内容を楽しむ気持ちのゆとりを自分に持ちたい。とかく勝敗にのみ、こだわってしまいがちだけれど、そればかりでは劣勢にまわった時に気持ちが途切れてしまう。
歳を重ねることで経験は増えども思考スピードはどうしても落ちる。今後のゲームライフ、楽しい時間をこそ、多く作りたいと思う。

負けてる時ほど人柄が出る [雑感]

ボードゲームに限らずではあるけれど、人柄というのは劣勢になった時ほど顕著に現れるような気がするけれどどうだろうか?
負けが見え始めた時、
・勝利をあきらめ投げやりなプレーになる人
・ゲームを壊すプレーに走る人
・口撃に走る人
・少しでも順位を上げようと努力する人・・・

人として尊敬できるのは、やはり劣勢でも努力をして上を目指そうとする人で、とかくボドゲにおいて、運ゲーだのなんだと運のせいにするプレーヤーは最悪だ(仮に本当に運の要素が高くとも参加したのはその人自身の判断なのだから)。
もちろん、人にも感情の起伏、その状況によっては、ついこういった周りの気持ちを盛り下げてしまうことをしてしまうこともないとは言えないけれど。

自分も目指せ、こういった人。なかなか難しいんだけれどね。

×+1 [雑感]

『ラクラク大統領になる方法』というゲームには勝利得点やお金を『×+1』する効果のあるカードがある。また、カード効果をコピーするカードや、能力のあるマスがある。
この種の効果は終盤になると強烈で、ゲームバランスを壊す可能性をひそんでいるけれど、対策が無いわけではないと思う。
まず、これらの効果は、元となるものがないと役に立たないこと。
得点やお金を『×+1』するものなら、それらを取れなくしていけば、おのずと効果は薄れるのだ。もちろんデッキの中に入ってしまったお金や得点には干渉出来ないが、ボード上のマスは先に埋めてしまうことなら出来る。
あと、本作であれば得点勝負に出て、短期決戦するのも一つの方法だろう。こつこつ得点を重ね、先に勝利条件を満たして逃げ切ってしまうのだ。

昨今、日本に入ってくるボードゲームは多くなった。そして、それを追っていくには時間が足りない。
かくして、一度遊んでついたイメージは中々払拭できないものになっている。
効果を倍増させる効果は確かに強い。
が、それを持ってして大差がついて勝負が決まったとしても、それが本当の真因かはわからない。
対策を考え、それを実行しても対処できないなら、それは確かにある意味欠陥なのかもしれない。
一見の評価は怖い。そしてそれを鵜呑みにすることも怖い。真実は自分の目で確かめてみるまでは。
他人の評価は低くとも、自分にとって面白いゲームはまだまだ眠っているかもしれない。

【日本版The One Hundred 2012】 [雑感]

mixi内で集計されたゲーム100選です。
僕のスコア(所持数+プレイ数)は189(苦笑)。多いのか少ないのか?
それにしても、新作のランクインが増えましたね~。上位はまだ定番モノが集中してますが、今後はどうなるかわかりませんね。また国産ものが増えてきたのも面白いですね。

【日本版The One Hundred 2012】TGIWから転載させていただきました。
(カッコ内は昨年の順位とそこからの上下、新作は★、国産オリジナルは■、日本語版ありは●)。
1:プエルトリコ(04↑)(●)
2:アグリコラ(10↑)●
2:カタンの開拓者たち(01↓)●
4:ドミニオン(02↓)●
5:アクワイア(08↑)
6:世界の七不思議(03↓)●
7:カルカソンヌ(07→)●
8:レース・フォー・ザ・ギャラクシー(14↑)●
8:電力会社(06↓)●
8:髑髏と薔薇(11↑)
11:パンデミック(05↓)●
12:テレストレーション(08↓)●
13:ラミィキューブ(25↑)●
13:ナビゲーター(17↑)
15:ラブレター ★■
15:村の人生 ★
17:K2(30↑)●
17:ヴォーパルス(48↑)■
17:キング・オブ・トーキョー(61↑)●
17:ベガス ★
21:キャメロットを覆う影(30↑)
21:ディクシット(16↓)●
21:バトルライン(25↑)●
21:ブルゴーニュ(42↑)
21:ボーナンザ(52↑)●
21:モダンアート(17↓)●
21:ラー(20↓)
21:ル・アーブル(20↓)●
29:コンテナ(61↑)
29:レジスタンス(20↓)●
29:王と枢機卿(75↑)
29:魔法にかかったみたい(39↓)
33:ウボンゴ3D(61↑)
33:エルグランデ(30↓)
33:キングダムビルダー ★
33:サンクトペテルブルグ(39↑)
33:スモールワールド(36↑)●
33:ハゲタカのえじき(20↓)●
33:チケット・トゥ・ライド(12↓)●
40:TRAINS ★■
40:クク(20↓)●
40:ケイラス(52↑)●
40:スルー・ジ・エイジ(61↑)
40:ディヴィナーレ ★
40:テーベの東(75↑)
40:ブラフ(13↓)
47:1830(圏外↑)
47:12星座ゲーム(圏外↑)
47:エクリプス ★
47:コロレット(36↓)●
47:サンファン(52↑)●
47:ストーンエイジ(52↑)
47:ニムト(14↓)●
47:ビブリオス(44↓)●
47:心臓発作 ★
47:八八(48↑)■
57:ウォルナットグローブ開拓史 ★
57:エセ芸術家ニューヨークへ行く ★■
57:オートモービル(45↓)
57:シャドウハンターズ(61↑)■
57:ハイパーロボット(75↑)
57:バックギャモン(61↑)
57:ハワイ ★
57:ファブフィブ(圏外↑)●
57:フレスコ(86↑)●
57:マジック・ザ・ギャザリング(29↓)●
57:ローゼンケーニッヒ(75↑)
57:惨劇RoopeR ★■
57:数エーカーの雪(100↑)
70:アーカムホラー(75↑)●
70:あやつり人形(17↓)●
70:イノベーション ★●
70:ゴア(圏外↑)
70:スティッヒルン(圏外↑)
70:トラヤヌス ★
70:トワイライト・ストラグル(100↑)
70:ハチエンダ(61↓)
70:ハンザ・テウトニカ(圏外↑)
70:ピクトマニア ★●
70:ファウナ(48↓)
70:ブロックス(52↓)●
70:ペアペア連想ゲーム(圏外↑)●
70:メディチ(61↓)
70:ロビンソン漂流記 ★●
70:交易王(61↓)
70:蒸気の時代(61↓)●
70:麻雀(30↓)
88:1846(圏外↑)
88:アップタウン(100↑)
88:いかさまゴキブリ ★
88:イスファハン(100↑)
88:インジーニアス(52↓)●
88:インドネシア(圏外↑)
88:ウボンゴ(86↓)
88:お邪魔者(44↓)●
88:キーフラワー ★
88:ギャラクシートラッカー(圏外↑)
88:キャントストップ(圏外↑)
88:グレンモア(86↓)
88:ゲシェンク(36↓)●
88:ごいた(75↓)■
88:コントラクトブリッジ(100↑)
88:サンタクルーズ ★
88:ジャイプル(75↓)
88:チグリス・ユーフラテス(圏外↑)
88:ヒストリー・オブ・ザ・ワールド(100↑)
88:ブラス(52↓)
88:フラッシュ(圏外↑)
88:フラッシュポイント ★●
88:ホームステッダーズ(圏外↑)
88:ボトルインプ(100↑)
88:メンバーズオンリー(86↓)
88:ロストシティ(圏外↑)
88:ワードバスケット(30↓)■
88:街コロ ★■
88:祈り働け ★●
88:七王国の玉座(圏外↑)
88:汝は人狼なりや(75↓)●
88:忍者刀 ★


欠品と対応 [雑感]

ボードゲームを購入すると、自分の場合とかく欠品が多い。
どのくらい多いかというと大体20個のうち1個くらいは何か欠品している。
で、当然そういった欠品モノに関しては扱っているショップに対応してもらうわけだけれど、今までだいたいすぐ対応してもらえたわけだけれど、最近こんなことがあった。

コマが1個不足していたため、郵送をお願いしたら、
『コマは確保しましたから、また次回ご注文いただいたら一緒に発送します』
という答えが返ってきて、『なんだそれは!?』、と。次がいつになるかなんてわかりゃしないし、買ったばかりのゲームを欠品状態でゲームを持ってることほど気分が悪いものもない。
まぁ、その店のホームページでは、『コマ等不足があった場合対応はしますがそれまでの間は何かで代用してください』なんてことが平気で書かれているので、そういった対応はアリなのかもしれないけれど、これってユーザーの立場に立ってない考え方で、『店の対応としてどうなのよ?』と思うわけです。確かに、店も被害者な訳ではあるけれど、それを仕事にしてるんだから、一時対応で買い手に保障し、メーカーに自身が問い合わせるべきでは?と思うのです。この一件以来、この店の評価がダダ下がり。以前はすぐに不足分を送ってくれただけに、一回の対応の悪さが印象をこうも悪くするものか、というのを実感しました。

また某H社も、カードの裁断ミス対応を依頼したら、『不良品を郵送しろ』だの、その代替品を送ってきたときに、こちらで持った送料をつけてこないとか(後で問い合わせたら入れ忘れたなんて平然と言ってくれましたが)、なんとも対応がずさんというか上から目線で気分が悪かった。
しかも、このメーカー、オンラインショップを持っているので、こちらのメール問い合わせからボードゲームの問い合わせをすると、届かないという罠。これまた確認のために電話をかけたらわかったことで、このメーカーの扱うボードゲームの不良対応は付属和訳ルールのアドレスでないと届かないという・・・。同じメーカー内なのにこの手際の悪さっていったい・・・。この件については、そのメーカーのブログにも記事が載ってましたが。これも電話に出た人の対応が横柄で何様なの?と感じて気分を害したものだ。

別段、クレーマーになるつもりは無く、単純に不足(不良)なので対応してください、と依頼してるだけなのにこの扱いは商いをする人としては、ちょっとどうかと思う次第。もう少し消費者の目線に立って対応求む、なのです。

ボードゲームの日本語版は誰のため? [雑感]

ここ数年、ぐっと増えてきたボードゲーム日本語版。果たしてこの日本語版は誰のためになされているのだろう?。
単純な意味においては『ボードゲームを購入する消費者のため』ということであるのだけれど。ではこの消費者とはどんな人達を指しているのだろうか?もしくはどういった人達をターゲットにしているのだろうか?。

ボードゲームという趣味は基本的に接触感染する趣味だと思っている。僕自身も『カタン』から友人知人に誘われて一緒に遊ぶことにより、興味を持った。
一緒に遊んでみたその先にいたる道は当人の興味の持ち様によるだろうが、多くのボードゲームを始めた人は、こうして門戸を開いたに違いない。もちろん、最近では色々なメディアでこうしたボードゲームの紹介を見る機会が増えたので、そういったところからの人も多いかもしれないが。
また、学生時代などにこうしたアナログな遊びを経験し、更に新しい遊びを追い求める人がたどり着いた先がボードゲームだった、ということもあるかもしれない。
このような人達は基本的に遊びに対しアクティブな人達である。自分から情報を集めることをいとわないのでそれなりに知識もある。故に、ネット等の評価というのは、かなり購入時の指針のウェイトが高い。誰かが書いた記事を見て、自分が興味を持ったゲームの評価が低ければ購入候補から外す、ということもあるだろうし、評価が高ければ、そこに、いくつかの越えなければならない障害があろうとも努力しと遊ぼうとするだろう。

さて、過去に日本メーカーが日本語版を出したボードゲームにカタンの開拓者たちと乗車券(チケットトゥライド)がある。この二つのゲームは共にドイツボードゲーム大賞を取る程に評価されたゲームであるが、こと日本において、しかも日本語版が出たにも関わらず、大きなブームを起こすことなく埋もれてしまった(カタンについては、再度(正確にいうと三度目の)日本語版が発売されたので異論はあるかもしれないが)。ゲームとしては非常によくできたゲームであるが、結果、この日本語版発売が成功か、失敗かと言われれば、失敗だったと思っている。

二つのゲームが何故一般に大きく広がることなく収束してしまったのか?という問いに対して、こう考える。

日本において、テレビゲームが登場する以前においては、こういったボードゲームはよく遊ばれていたのだけれど、おおむね双六的なものか、カルタ、トランプといったもの、もしくは麻雀、花札といった賭博要素があるものが主流で、ドイツゲーム的なものは皆無といってよかった。結果、ボードゲームは子供向け、もしくは賭博物という、ある意味偏見が根付いてしまったのではなかろうか。その後、コンピュータの発達によりテレビゲームがどんどん広まり、子供達がそれらに興じるのを見て、更にゲームは子供が遊ぶもの、というイメージが付いてしまった?

また、日本は戦後の高度経済成長期に働くことに集中してきてしまったことから、余暇の使い方が下手、というのもあるかもしれない。これにより大人になってもゲームなどで遊ぶのは悪いこと、のようなイメージが出来てしまったとも思える。

ボードゲームの本場、ドイツでは、仕事の時間がかなり厳しく決められているそうで、残業というのは少ないらしい。結果、家族との時間を大事にする風土がつくられたそうだけれど、まさにボードゲームはそのパイプ役にうってつけだったに違いない。
また、日本は本物を求める国民性を持っている国でもある。品質にたいして敏感で、カプコン、ハナヤマ版カタン、バンダイ版チケットはそういった点から支持を得られなかったのではないだろうか?(カプコン、ハナヤマ版カタンは大幅なデザインアレンジがされてしまい、かつ、原盤で販売されていた拡張セットは使えず、かつ制作すらされなかった。チケットは見た目原盤とあまりかわらないが、カードは薄く、またシートから切り離さなければいけないし、ボードも薄くふにゃふにゃしており、外箱はお菓子の箱みたいで作りがショボかった。)。安く押さえることも重要ではあるけれど、厳然としてオリジナルがある以上、元の品質より下回ってはよい評価は得られない、ということなのだろう(オリジナル版を知っている人達からのネットによる風評被害とも言えるけれど、そればかりではないとも思っている)。

こうした過去を持つ日本国内のボードゲーム業界ではあるこれど、徐々にではあるけれど、ボードゲームの復興の兆しが見えてきたかに見える。
店舗ショップ、ネットショップが増えてきたのはその証だろう。
売場が増えれば当然消費者の目にも付きやすくなるし購入できる場が広がる。
本当なら昔ながらのおもちゃ屋にも普通に並ぶようになるのが理想ではあるけれど、現在の日本においては、まだそこまでは至っていないし、そこまでボードゲーム人口も多くはなかろう。

ドイツボードゲームがこれから日本で更に広まっていくにはまだまだ障害が多い。プレイヤー人口や売場の数をいかに増やし身近なものにするか?、遊べる場をどう確保するか?、はたまたゲーム一つの単価、言語、色々なものが絡み合っている。
これらを一つ一つクリアしていくのが今の段階だ。
状況を劇的に変化させるには何か別の大きな力が必要だろうし、逆にリスクでもある。日本人は周りの環境やマスコミ、風評に流されやすい。何かで大々的に取り上げられると飛び付く傾向にある。こういった手法で裾野を広げることは出来るかもしれないが、一過性で終わってしまうかもしれない。一時期テレビゲームのDSで脳トレが流行ったことがあったが、今ではどうだろうか?
確かに裾野が広がらなければボードゲーム人口も増えないのだけれど、ここで、ボードゲームはつまらない、といった認識を持って離れてしまった人が出たら、それはまた過去への逆戻りになることを覚悟しなければならない。

ゆっくりでも地道に増やしてきたものは揺るぎにくい。輸入代理メーカーにとっては歯がゆい時期ではあるだれうけれど、一過性で終わるか、末長く続くかはこれからの方針にかかっていると思う。

話が逸れた。
日本語版の話。一般ユーザーが海外のボードゲームを手に取るにあたって一番の障害が言語だと思う。
ボードゲームの本場はドイツ。となれば扱われる言語はドイツ語である。英語ならまだしもドイツ語をスラスラ読める人はそうはいない。日本はヨーロッパよりアメリカに影響を受けていたからだ。
英語なら中学から習いはじめるし、人によっては小学生の段階から塾に通っている人もいよう。
が、ドイツ語は違う。ドイツ語を習うのはおそらく、大学でドイツ語の単位を取るときくらいだろう。

何事においても、言葉は重要で、ボードゲームを遊ぶにはルールが読めなければ始まらない。先にも書いたが、ルールが外国語、ましてやドイツ語ではおのずと読める人なんてそうはいない。この敷居を引き下げてくれるのが日本語版になるのだ。
ある人が言った。カードにテキストがあるゲームは訳が貼ってないと遊んでもらえない。
ゲーマーは舶来品信奉するので、日本語版には忌避感を持つことがある(原版を好む)が、一般の人には言葉の読めない、意味の理解できない物に対して忌避感を感じると。
確かになぁ、と思わせる言葉で、ゲームを遊ぶことに対して、別の思考(外国語の翻訳など)を必要とされるものは、遊んでいてもゲームだけに集中できない。そう考えた時、日本語版は非常にありがたい。自分もボードゲームを始めたばかりの頃は、なるべく言語依存しないものを選んで購入していたもので、数年して、慣れた頃にそういったゲームを購入しようと思った時には絶版で後悔したものだ。
言葉の壁というのは大きく、人は読めない言葉の書かれたものに対してはなかなか手を出せない。ボードゲームにいたっては物によってはカードやボードに大量に言葉や、文が書かれていることもあり、読める、読めないでも手に取り安さが全然違う。
そういった観点からみると、この日本語版の存在は非常に大きい。
日本語版ならば一々頭の中で翻訳する必要もなければ(用意されていれば)対訳表とにらめっこする必要もない。遊び安さは格段に向上する。

さて、日本語版が出た時に一番困るのが翻訳間違いである。原盤であれば、そんなことはまずないけれど、日本語版の場合どうしても間違い(誤訳)が出てしまうことがある。
元の言語から日本語への翻訳時に、校正時に、打ち込み時に、等々。人の手が入る分だけ間違いが発生する可能性も上がる。こうした間違いはないにこしたことはないが、もし出てしまった時の対応は重要だ。対応を誤れば、次には買ってもらえなくなってしまうかもしれない。
日本語版を出す、ということは、こうしたリスクと隣り合わせだ。

現在様々なタイトルの日本語版が発売されており、過去作で一定の評価を得ているものの日本語版も出ているが、確かにこうした過去作の良作を日本語化することは重要でニーズもあるだろうけれど、大きなパイがあるかといわれるとどうも疑問だ。なぜなら欲しい人は既に買っているだろうからで、新規購入の数は多くはないと思われる。もちろん、裾野開拓という意味では重要ではあるのだけれど。
日本語版を出すということはかなりの事業になる。ミスは極力無い様にしなければならないし、在庫の問題も発生する。作ったはいいが残りましたでは会社が成り立たない。消費者とメーカーが双方益のあるタイトルに注力して欲しい。

ちなみに・・・僕は日本語版、買いますよ。
遊び安いのが第一。エラッタが出てしまうのは残念ではあるけれど、対応さえしっかりしてもらえれば問題なし。
ただ、言語依存のないものまでほいほい日本語化されるのはいかがなものか?と、思わないではないけれど、やっぱり手に取りやすさが段違いなんだろうねぇ、一般客から見れば。

2011年を振り返って [雑感]

2011年も残すところあとわずか。
今年のゲーム会出席日数をざっと見直してみたら90日オーバー(笑)。およそ4日に1日はゲーム会に参加していた計算だ。これが多いか少ないか(多分多いよね)はおいておくとして、よくもこれだけのゲーム会に参加させていただけたものだな、と思う。これもひとえに主宰してくれている方あってのこと。もちろん自分も主宰している身でありながら、それはたかだか月一ゲーム会のみ。

土曜会のマサヒロさん、ほぼ毎週の会場提供ありがとうございます。参加ゲーム数は曜日の関係もあって(翌日のゲーム会や予定に関わってくるため)なかなか最後までいられませんが、常に持参のゲームが遊べる貴重な場です。

YOU遊スタイル、自宅会のFuruFuruさん、家が近いこと、ゲームに対するスタンスが近いこともあって、ゲーム会で遊ばせて貰うゲームは自分の好みにあっています。これからも呼んでやってください。

金曜会のトヨダさん、開催頻度は落ちてきてますが、今後もよろしくお願いします。

ダンケビッテのTILさん、最近ゲーム会がかぶっていたり、用事と重なってて、なかなか参加できてませんが、東三河では貴重なゲーム会です。都合さえ合えば参加しますのでよろしくです。

面茶会のタカハシさん、初めて参加させて貰ってから随分なりますが、今後ともよろしくです。

自宅会のコンチさん、最近お呼びがないですが、機会さえ会えばぜひ呼んでくださいね。


映画の話。

こちらもかなりの数を見たはず。少なくとも週一は見たような(数えてないのでわかりませんが)?。
3D映画躍進の一年。自分はなんだかんだいっても3Dは肯定派。確かに観終わったあとの疲れは2Dより在りますが没入感は3Dがやっぱり上。とはいえ、自分の視力等に問題がないから、というのもあるだろうからこればかりはね。あと吹替えを多く見るようになった年でもあります。というのも、字幕版だとやっぱり疲れるんですよね。字幕版でも慣れてるんで問題はないんですが、やっぱり字幕を目で追いつつ見るというのは疲れる、というわけで、吹替えがあれば吹替えで見るようになりました。日本語の吹替えは上手なところがやると本当に口の動きにかなり近い吹替えになっているのですごいです。


TVゲームの話。
今年の年末は新ハードを2個買う暴挙に。
PSVITA、3DSの二つ。PSVITAは最初から買うつもりだったのでいいんだけれど、3DSは完全にモンスターハンターTriG専用機(一応、4も出るそうだけれど、Triの時もハードが途中で変わったのでふたを開けるまではわからないけど)になるはず。
PSVITAはPSPの後継機ということで形状もPSPを踏襲しており画面も大きく画面が綺麗です。操作もタッチパネル、2つあるアナログスティックと操作系統が豊かに。ソフトもUMDディスクからROMに変わったことにより読み込みも早くなったかな?あと、僕は初代PSP持ちでもあるけど、それと比べるとはるかに軽い(笑)。
まぁ、確かに画面が大きくなった分サイズは少し大きくなって胸ポケットとかには入れて持ち運びは難しくなりましたが。
3DSは3D表示が最大の売りなんですが、確かにムービー等を見ている分にはいいんですが、ゲームを遊ぶという面から考えると、どうにも画面がちらついて見づらいです。というのも操作するとどうしても手元がぶれるからで、そう考えると、まだまだこの3D画面は時期早々だった感があります。じゃあ3D切ればいいじゃない、という人がいますが、切ったらこの3DSのアイデンティティは何処にあるんでしょう?
あと、何気に画面が小さく上下画面を足してようやくVITAと同じ位。基本的に自分はほとんどモンハンしてるときには上画面しか見れません(苦笑)。
しかも文字表示が小さく、モンハンの場合非常に見づらい。これは目に優しくないなぁ、というもの。

両方持っているからこそ言いますが、目には3DSは優しくないです。確かに。
その分、ソフトの多さ、ハードの安さ、というのはありますが。

据置機は日本ではもうあまり今後スポットが当たらなくなるかもしれませんね。3DSでもそれなりのグラフィックが出せますし、VITAならPSPよりさらに大きな画面、豊富な操作デバイスがありますから。


さてさて、来年はどんな一年になりますか・・・。
少なくともボードゲームでの欠品、不良に当たらなくなりますように(苦笑)。

面白いボードゲーム、
面白いセッション
見てよかったと思える映画、
にめぐり合えるといいな。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

ボードゲームで攻略法を見つけるということ [雑感]

ボードゲームを趣味にしていると、必ずといってよく、遊んだゲームの攻略法を考える。どうしたら強くなれるかを追い求めるのはゲームを遊ぶ上では当たり前といってもいい。
が、これが行き過ぎて、完全攻略法なるものが出来てしまうと、これはそのゲームの寿命を終わらせてしまうものになってしまう。
『シンペイ』や『どうぶつ将棋』は、当時熱心な研究がされ、必勝法なるものが見つけられた。一時はスポットライトが当たったが、果たして今はどうだろうか?
確かに、答えを知らないうちは楽しく遊べるかもしれないけれど、こういった完全攻略法なるものがあることを知ってしまったら、おそらく、楽しく、という面では遊べなくなろう。

答えがわかっているものは、知らない時より面白くないのは当たり前だ。わからないからこそ、いかに手を進めることが一番いいのかを考え、それが面白さに繋がっているからだ。
矛盾するかもしれないが、攻略法を探すこともゲームの楽しさ。が、有効打が生まれ、それに対し対策をたてられないゲームは、以後遊ばれることはなくなっていくだろう。

ゲームは嗜好品であるから、遊ばれることがなくなっても誰も困らない。が、それは、少し寂しいと思うのは我侭だろうか?

追記:
ゲーム名を2つ挙げましたが、少し軽率だったようです。
実際のところ、この2つのゲームの必勝法なるものがあることは、記事、もしくは伝聞で見たり聞いたりしたことで、自分で確認をしたものではありません。
ただ言いたいことは、あまりに熱心に研究をすることによりゲームをパズルにしてしまうことに誰がうれしいのか?ということです。

ボードゲームでトップ叩きに会うということ [雑感]

勝ちに拘る人ほどトップで叩かれると文句を言うことが多い気がするのは気のせいだろうか?。
ゲームに対して真面目に取り組んでいる結果なのだろうから、勝ちに拘ること事態は悪いことではないのだが、トップ叩きにあって文句を言うのは少々筋が違うのでは、と感じる。2位以下の人からすれば上位を引きずり降ろすか、上位以上のペースで得点を上げるしかないのだから、トップ叩きが発生するのは致し方ないことなのだ。

ゲームに強い人、というのは、とかくマークされがちである。これはある意味仕方がない。誰だって接待でゲームをするはずもなく、まずは勝ちを目指すのだから、強い人はマークされるし、トップを走れば叩かれもする。
逆の言い方をすれば、マークされる、ということは、それだけ強い人、という印象を周囲に与えているということで、それだけ力量を認められている、ということでもある。
ゆえに、一度強い人という印象を持たれたら、トップであろうとなかろうと、その人の不得手なゲームでも警戒されてしまう、ということもあるかもしれない。

さて、このマークの仕方にもいくつかパターンがある。
相手のことを何も知らない初見の場合なら、ゲームを進めながら状況を見つつ、ということになろう。何せ相手の情報がほぼないのだから、状況を見て、そこから判断するしかない。勿論雰囲気や言動から判断してマークすることもあるかもしれないけれど、それは少数だろう。
気心知れた相手ならどうか?。最初からマークする事もあるだろうし、様子を見つつ、マークをきつくしていくこともあろう。
今まで一緒に遊んできている分だけ相手の情報がある。思考の傾向、打筋にも特徴が出てくるだろう。

ボードゲームの一手一手には打ち手の性格が出る。計算の上に立って手を打つ人、堅実な手を打つ人、大胆に行く人、一か八かの賭けに出る人、話術で誘導しようとする人、色々だ。
こうした人と知恵と度胸と運を競うのだから勝つ努力をしている人はやはり強いのだ。
そして、そんな人に対抗するにはマークして有効打を打たせない、もしくは打ちづらい状況を作っていくしかない。

誰しも意味なく叩かれるのは受け入れがたい。
が、叩かれること=強いと認識されている、というのであれば、叩かれて負けても、それは意義のあるゲームだったと思う(叩かれてなお勝てればそれに勝るものはない)。

和訳ルールのこと・・・個人的思い [雑感]

現在ボードゲームを扱っているショップ、企業の数はかなり増えているが、海外からの輸入ボードゲームにおいては、この和訳の質については、ショップ差、メーカー差があると思う。
某メーカーの和訳に対しては、一時酷評されていたことがあったのも事実。

ショップ、メーカーによって、和訳の作り方は違う。
元のルールをそのままのレイアウトで直訳したもの、自前のレイアウトに直したもの、元の文章に手を加えて直し、簡潔で解りやすい文章にしたもの…。

ルールはゲームをプレイするためにはなくてはならないものなので、基本は原文を忠実に訳すのが望ましい。
が、これも時と場合によりにけりだ。

原文ルールが、冗長に長く回りくどい文章であるなら、簡潔に纏めてくれてある方がかって解りやすい。

メーカーやショップによっては、本当にこのルールで合ってるの?、テストプレイしてみたの?という突っ込みを入れたくなるルールもたまにある。訳したもので、一度でもテストプレイしてみれば、本当に正しく遊べるのか?というのはわかるはずだ。
なので、このボードゲームのルールの翻訳作業というのは、単純に海外小説を訳すようにただ訳せばいいわけではなく、ゲームとして正しく機能するか確認しながら訳さなければ意味がない。

さて、ショップが添付しているものについては訳したショップの財産になる。そのゲームがその店でしか扱っていないものなら尚更だ。
もちろん、複数のショップで扱っているものなら、この和訳の作りで購入店の決め手になることもあるかもしれない。
このショップのルールは読みにくい、とか、説明図が少ないとか、よくよく原文と照らし合わせてみると(あってはまずいけれど)間違えてることが多いとか。

ルールがショップの財産である以上、この和訳を公開するわけにはなかなかいかないのも当然だ。原文は当然同じ物でも、ショップ独自の工夫がされた手間がかかっているルールなのだから。
仮に公開されることがあっても、それはそのショップ(もしくは会社)の厚意(ルールを確認して気に入ったらうちで買って欲しい)であって、それ以外はありえないだろう(もしくはその店での商品としての役割を終えたとか)。

和訳を公開してくれればいいのに、という話はよく聞くが、そういった意見を出す人は、見て面白そうならそのショップで買うのだろうか?なんとなく、結局そのショップでは買わないのではないか?と思ってしまう。勿論ゲームシステムを確認して面白そうなら購入する、というのはあるかもしれないが、ショップ側にとってより大きなメリットがあるのだろうか?。確かにしっかりした訳、読んでみて面白そうなゲームを入れてくれている、という評価は立つかもしれないけれど、そこから先、その店で買うかどうかは別問題。

本なら立ち読みして、面白そうなら買う、というのはあるかもしれないが、おそらく全体からしたら少数派であろう。逆に立ち読みされたことで商品としての価値が下がって(よれてしまったりして売物にならない)マイナスかもしれない。以前TVのニュースでもやっていたが、立ち読みする人の中には書店で携帯カメラ写真を撮る人もいるそうだが、そこまでいくとある意味窃盗だ。

そう考えると、やはり、ルールが公開されることについてはメリットとデメリットは秤にかけられるべきもので、簡単にショップに対して公開してよ、と要求している人に対しては、?と、首を傾げてしまう。

和訳ルールもただではできない。ショップが作成した和訳ルールにもコストがかかっている。そしてゲームに付けて売るからには和訳に対しての責任もある。

さて、board game geekに代表されるネットのボードゲームサイトには和訳ルールがあがっていることがある。この公開訳は、作成者の厚意によるものだ。ゆえに、仮にどこかに誤りがあっても責任追及するには酷である。勿論正しいルールを挙げてもらうのが一番ではあるが、無償の厚意である以上、最終的に責を負うべきはダウンロードした本人ということになろう。勿論、訳を挙げた人の信頼度は下がるかもしれないが、あくまで厚意で上げてくれているもの、信用できないと思うのなら次に同じ人の訳を使わなければいいだけの話だ。
こういった厚意のおかげで日本にまだ入ってきていないゲームを海外から取り寄せて遊んでみることが出来るのだから、感謝の意こそ持っても怒る気になんてなれない。

日本におけるボードゲーム文化は、まだまだ未成熟といわざるをえない。手軽に楽しめるエンターテイメントとしては、まだまだ敷居、単価共に高い。

これから先、さらにボードゲーム人口を増やしていくには地道な努力が必要で、そのためにも、ゲームを手に取った人が理解しやすい日本語ルールは不可欠になる。日本語版を制作するメーカー、日本語ルールを添付するショップ、それぞれがお互いに切磋琢磨してよりよい日本語ルールを作っていってもらえればいい。