So-net無料ブログ作成

悪魔城への馬車 [ボードゲーム(あ行)]

正体隠匿系推理ゲーム。
2つの団体のいずれかに所属し、所属団体が求めるアイテムを集めだし勝利宣言するのが目的。
各プレイヤーには所属カードと役職カード、さらに初期アイテムから1つランダムに受け取る。
手番に出来ることは、
①他のプレイヤーの手札を1枚ランダムに引き、中身を確認の上、返却する。
②他プレイヤーを攻撃する(防御プレイヤーを指定し、他のプレイヤーはどちらの支援に回るかを一斉に表示し、勝った側のプレイヤーは相手から(支援者は除く)、所属カードの内容を見る、職業カードの内容を見る、アイテムカードを1枚奪う。)
③勝利宣言をする。宣言する際には自身が最低でも所属団体に必要なアイテムカードを持っていることが条件で、自身だけで不足する場合は同じ所属団体に属するプレイヤーを宣言せねばならず、勿論、そのプレイヤーが必要になるアイテムを持っていなければならない。宣言を失敗すれば、即相手チームの勝利になってしまうので、宣言には細心の注意が必要だが、相手に先を越されても負けなので、このあたりの競争は面白い。

脱落がないのが良い。とかく正体隠匿系のゲームは脱落要素が強いので、最後まで脱落ナシで遊べるのは嬉しい配慮。

それにしても、日本語版が発売されたのはうれしいことだけれど、なんだろう、この所属名の情けないネーミングは・・・。これにOK出した人間はもう少し考えた方が良かったんじゃなかろうか?題材がシリアスなのに台無しだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0