So-net無料ブログ作成

ナイトフォール [ボードゲーム(な行)]

『ナイトフォール』
作者:
メーカー:AEG
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:45分
キーワード:ダークストーカー、カード、チェイン、キッカー、ダメージ

サンダーストーンのメーカーAEGのデッキ構築系マルチ対戦カードゲーム。
近々日本語版も出るらしい。
今までのデッキ構築系とは一味違ったチューニングがされている。
それもそのはず、このゲーム、他人を攻撃していかにダメージを与えるかに主眼が置かれている。

ゲームの流れは、手番プレイヤーがカードをプレイしたいだけ(条件はある)プレイする。その後、他のプレイヤーも条件に合わせてプレイしたいだけプレイし、全員がプレイもしくはパスをしたらカードのプレイは終了。その後、手番プレイヤーは自分の手下を使って、他のプレイヤーを攻撃する。攻撃された防御側プレイヤーは、自分でダメージを受けるか、手下で受けるかを決める。手下には体力値があるので、それ以上のダメージを受けたら捨て札に。自分で受ける場合はダメージカードを捨て札の山に置く。
これを繰り返し、規定枚数分ダメージカードが引かれたら終了。ダメージカードが一番少ない人が勝ちである。

このゲームのキモはカードプレイにある。カードには左上にカードの色、チェインの色があり、チェインの色に従えば、続けてプレイすることが出来る。例えば赤色のカードをプレイし、そのカードに黄色と紫色のチェインの色があれば、黄色か紫色のカードはこの赤のカードに続けてプレイできるのだ。
さらに、カードにはキッカー能力を持つものもある。これはキッカーで示される色のカードを直前にプレイしていれば、そのキッカー能力が発動するのだ。キッカーは強い能力が多くデッキ構築時に狙っておくと強くなる。

また、このゲームにおけるカードサプライにも特徴がある。
なんと個別のサプライを2つ持つのだ。なのでサプライ設定時にドラフトを行い、2種だけ自分専用のカードサプライになるのだ(残りは共用サプライ)。これは、強いカードをドラフトしておけば、他人に使われる心配がないことを意味する。

評価(5段階)☆☆☆☆
かなりアグレッシブなゲームだ。他人を攻撃しないことには始まらないので、誰をどの程度攻撃するべきかはよく考える必要がある。何にせよデッキ構築系でありながら、今までとはかなり違ったゲームを楽しめることは事実で、他人を攻撃できるゲームが好きな人にはたまらないものになるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0