So-net無料ブログ作成

豚小屋 [ボードゲーム(は行)]

『豚小屋』
作者:Michael Rieneck
メーカー:Huch & Friends
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:45分
キーワード:ボード、カード、タイル、殺人事件、推理、事故

豚小屋で起きた事故、他殺か?事故か?
浮かび上がる8人の容疑者。
動機は?、性別は?アリバイは?
推理で犯人を割り出そう。

ゲームはすごくテンポが速い。ぼけっとしてるとあっという間に終わってしまう。
ゲームは手番制。1ラウンド終わると最初に配られた15枚の容疑者像タイルから規定枚数廃棄して次のラウンドへ。
まずは準備としてアイテムが1つづつプレイヤーに配られる。このアイテム所持者は容疑者から外される。このアイテムは配られた人だけが知る情報だ。
その後怪しそうな犯人像タイルを3枚、手前に伏せておく。残りの12枚はタイルスタンドへ。

手番がきたら、カードをプレイ。処理をしたらカードを引く。
カードにはアリバイを確定するもの、目撃者の証言で性別を確定するもの、動機を決めるもの、後は特殊アクション。特殊アクションには通常のカードの2枚目のときにも特殊アクションが出来る。内訳は、残ったアイテムの上を確認。他人の持つアイテムを確認、手前に伏せた容疑者像タイルとラックのタイルとの入替など。

犯人の決め方は、アリバイとその目撃者の性別が一致していない人の中で、アイテムタイルの上からめくっていって最初に合致した人。全員が合致しなければ、この事件は不幸な事故扱いとなる。

こうして犯人と推理したタイルとの一致具合で得点が決まる。

評価(5段階):☆☆☆☆
面白い。カード運や最初の推理を間違えると高得点が難しくなるけれど、それでもさくっと終わるのでもう一回、といえるのは良い。犯人はカードのめぐりによっては仕立て上げることも出来る(というか、そうしないと最初の推理タイルと大きく外れてしまう。自分が犯人にしたいキャラは率先してアリバイと性別をずらすようにしよう)。
これまたオススメ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0