So-net無料ブログ作成

K2 [ボードゲーム(か行)]

『K2』
作者:Adam Kaluza
メーカー:REBEL.pl
プレイ人数:1~5人
プレイ時間:60分
キーワード:ボード、カード、山、登山、適正、キャンプ

登山がテーマのゲーム。
登山隊を率い山頂により早く到達することを目指す。
登ればいい、というものではなく、ゲーム終了時まで無事生きていることが重要。
2つの登山グループを率い、どれだけ早く、高みを、目指せるかがカギ。
手番には6枚の手札から3枚伏せて出し、一斉に公開。スタートプレイヤーから順にアクションしていく。
アクションには
①山を登る
②適正値を上げる
③キャンプを作る

が、タダでは動けない。登る数字が高いプレイヤーにはリスクポイントが割り振られ、カードの数字を減らすか、適正値を下げなければならない。
山にはレベルがあり、登っていくとどんどん高さが増すことによりポイントが上がる。が、その分マスに留まることにはリスクが増す。また、1マスに留まれる登山隊の数にも定員が。山の天候(6ターン分はわかっている)によっては更にリスクが増し、適正値が0になってしまった登山隊は、哀れ死亡。ポイントも1点になってしまう。

こうして、規定ラウンド終了時、ポイントが一番高い人が勝ち。

評価(5段階):☆☆☆☆
シビアである。そして、このゲーム、入門編と上級編が。上級編ではさらに凶悪になってプレイヤーを襲ってくる。が、面白いんである。シビアなリソース管理。他プレイヤーとの手番順のアヤ。天候と手札管理に悩まされ、いつ山頂へアタックするかを試される。デザイナーが登山家らしく、非常によくデフォルメしており、雰囲気が出ている。オススメ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0