So-net無料ブログ作成

ゴス [ボードゲーム(か行)]

『ゴス』
作者:B.Benoit, R.Gaschet
メーカー:Moonster games
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:60分
キーワード:カード、ゴブリン、軍団、3段階、3×5、勝利ポイント

カードゲームだったりする。しかもデッキ構築ならぬ軍団構築。
大いなる戦争で先に3勝した人が勝利する。

作る軍団はゴブリンだ。ゴブリンも5種類の種族、3段階の階位がある。
そして、軍団は5枚×3段階の計15枚までで構成される。

プレイは簡単。
手番にカードを1枚プレイするか、カードの能力を使うか、アクティベーショントークンを使うか。
全員がパスしたら大いなる戦争が始まる。

①カードをプレイ
カードプレイはゴブリンを場に出すことである。最初の1枚にはコストはかからない。
2枚目以降はコストが必要なことがある。
ゴブリンにはレベルがあるが、場に出せるゴブリンは各レベル5枚まで。かつ、下のレベルの枚数より多くは上位レベルのゴブリンは出せず、変異の場合以外は下位に同じ種族のゴブリンがいないと出すことが出来ない。
また、1レベルのゴブリンの2種族目以降は追加として手札2枚を破棄する必要がある。
変異の場合は変異コストを払うことで手札から制限を無視して出せる。
②カード能力を使う
アクティベーショントークンを使うことでゴブリンの(アクティベーショントークンが必要な)能力を使うことが出来る。ただし、1匹のゴブリンは1ラウンドに1回のみ。
③アクティベーショントークンを使う
ゴブリンの能力以外に、1枚使うことで1枚ドロー、2枚使うことで3枚ドローできる。アクティベーショントークンは各プレイヤー2枚しかないので使い道は計画的に。

戦争は各プレイヤーのゴブリンの戦力の比較で決まる。
数値が高いものが勝ち、同点の場合は優先権のあるものが勝ち。

評価(5段階):☆☆☆☆
ドミニオンなどのデッキ構築に飽きたら是非に。
軍団構築は面白い。勝利条件を覆すカードもあって展開は多彩。1人が抜け出せば周りがこぞって叩きに来るので勝敗は常に均衡していく。能力も様々あるので、最初は戸惑うが、100枚しかカードはなく、複数枚あるカードも多いので思いのほか覚えることは可能。本当の勝負はそこからか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0