So-net無料ブログ作成

クレオパトラ鉄道 [ボードゲーム(か行)]

『クレオパトラ鉄道』
作者:Steve Zamborsky
メーカー:Z-MAN
プレイ人数:3~5人
プレイ時間:90分
キーワード:ボード、お金、鉄道、エジプト、果物、ピラミッド、鉄道神

何故かエジプトで鉄道。
ボードには10箇所の土地が。
ここを線路でつなぎ果物を届けたり、建物を建てたり、ピラミッドを立てたり。

スタートプレイヤーからこのラウンドのカードを選択する順をビットで決める。
その後、ビットで決まった順に従い鉄道神タイルを選んでいく。
鉄道神にはそのラウンドのプレイ順と特殊能力が決まっており、そのプレイ順に従ってアクションを実行していく。
出来るアクションは、
・都市間に線路を引く
線路を繋げたい都市のカードと線路をひくカードを一緒に公開し、対応するお金を支払う。
・果物の輸送
都市カードを公開し対応する果物キューブを輸送。お金を得る。その都市の周りに線路を引いているプレイヤーには得点が。
・建物を建てる
都市カードと建物カードを公開し果物キューブを支払う。建てたプレイヤーには得点が、その都市の周りに線路を引いていればお金が入る。
・ピラミッドを建てる
都市カードを公開し、ピラミッドに書かれている値の倍のお金を払う。ピラミッドの建てられた都市に関する行為が一切不可。
・都市カードを取る

規定ラウンドプレイし最も得点を得ていれば勝利。
得点は都市に対する線路の数や、ピラミッド、建物で得点が入る。上手にアクションが必要だ。

評価(5段階):☆☆☆
舞台設定は奇抜ながら、真面目な鉄道ゲーム。
既存の鉄道ゲームのシステムをアレンジをしつつオリジナルにしているが、どうにもままならない感が強い。システム上カードに依存するので、どうにもならないことも多々。が、こんな鉄道ゲームもアリだろう。エジプトの鉄道神が導いてくれる(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0